豚の胎盤を根源に使ったプラセンタについて

馬や豚の胎盤をもととしているのが、美容やアンチエイジングに使われるプラセンタだ。人の胎盤や牛の胎盤がかつてはもととなっていたそうです。主に現在は馬や豚を通じているのは、エイズの感染心配が人にはあり、狂牛病心配が牛には起こってしまったからです。豚のプラセンタは、豚の胎盤であれば何でももとになるというわけではありません。SPF豚という特別な豚を、プラセンタのもとに利用する豚には使用します。SPF豚農場断定委員会が断定した農場で生まれた豚のことを、SPF豚といいます。鋭くかじ取りされたクリーンスタンダード、飼育基準に沿って、清潔な環境下で育まれた豚だ。1個所にたくさんの豚を集めて飼育するのが一般的です。恐怖としてあるのが伝染疾患が拡がることなので、病を予防するためにワクチンや抗生物質などの薬剤もたくさん使われているようです。飼育をするときにプラセンタ用のSPF豚は環境に配慮しているので、衛星みたいで抗生物質を使用しなくても病にならない豚なのです。飼料もSPF豚専用のもので、村八分の農場への立ち入りは禁止されています。徹底したスタンダードが作られてあり、専用のオペ着を着てシャワーを浴びてからオペをするなどのきまりがあります。その結果として、プラセンタのもとに使える豚の胎盤を安心して得ることが可能だといいます。